スポンサーリンク

くせ毛を悪化させる事していませんか?

髪が濡れたまま寝る

 

 

濡れた状態の髪は非常に弱い状態です。

 

 

そこへ寝返りでの摩擦、
頭の重みによる圧迫などで髪のキューティクルは、
はがれやすくなり傷んでしまいます。

 

 

 

傷んだ髪はまとまりにくく、
かえってくせ毛をきつくしてしまう原因になりかねません。

 

 

 

アイロンを使用するスタイリング

 

 

 

てっとり早く、
クセを目立たなくするのが、
アイロンを使ってのスタイリングです。

 

 

最初は確かに真っ直ぐになった!でも毎回繰り返すうちに・・・。

 

 

経験者の方は、
お気づきだと思いますが、
最初のサラサラから、
キシキシ・パサパサといったような「傷み」が酷くなっているはずです。

 

 

 

おまけに「最初よりくせ毛がきつくなってるかも?」と、
思ったことはないですか?
 

 

 

髪の表面のでこぼこを、
高温で伸ばすことで、
くせ毛はまっすくぱたんこになります。

 

 

しかし伸ばした髪は、
キューティクルもどんどん溶けてなくなっていくのです。

 

 

するとキューティクルのなくなった髪は、
タンパク質が流れ出てパサパサした乾燥毛や、
どんどんくせ毛がきつくなってしまうのです。

 

 

そしてタンパク質の少ない傷んだ髪は、
ツヤもなくなり、枝毛・切れ毛が増えていくのです。

 

 

コーティング剤入りのシャンプー

 

コーティング剤の入ったシャンプー&トリートメントを使用すると毛穴に残り、
詰まらせるため、よりくせ毛がきつくなるだけでなく、
切れ毛や細毛・抜け毛の原因にもなりますので注意して下さい。

 

 

ハリやコシがなくなるのは、加齢のせいだけではありません。

 

 

 

石油系シャンプー

 

 

 

市販されているシャンプーの90%が石油から作られています。

 

 

魅力的なCM・イメージだし、
安く購入でき香りも、
良いなどといったことがありますがとんでもありません。

 

 

 

頭皮・髪がアルカリ性になるのはもちろん、
油が頭皮に残り毛穴につまると代謝が悪くなり、
頭皮の老化に繋がります。
 

 

また根元からのくせ毛がきつくなることもあります。

 

 

髪の乾燥しやすくなり、
傷みがひどくなったり、
より強いくせ毛になることがあります。

 

 

くせ毛とヘアスタイル

 

 

くせ毛だとヘアスタイルが上手くまとまらない!

 

 と思われがちですが、
くせ毛は直毛と比べてセットしやすいのです。

 

 

 

まず、その名の通り「くせ」がつきやすいことがポイントです。

 

 

アップスタイルにしても、
巻き髪にしても、クセ毛のほうが長時間持続します。

 

 

サラサラのストレートというわけにはいきませんが、
髪型はショートならカールスタイル、
ロングなら巻き髪と、
くせ毛の特性を活かした髪型もあります。

 

 

 

ストレートヘアにしたい場合も、
ロールブラシとドライヤーである程度はなんとかなります。

 

 

問題なのがツヤ感ですが、
スタイリング剤やブラッシングでツヤ感を出すことは可能です。

 

 

 

くせ毛とスタイリング剤

 

 

くせ毛の場合、
ヘアスタイルを上手くまとめるには、
何かしらスタイリング剤を使用した方が簡単にできます。

 

 

 

 

最近メジャーなのが、油系のスタイリング剤です!    

 

 

 

 髪にツヤを与えて、さらに扱いやすくなります。

 

しかし、当然髪にいいものではありません。

 

 

 

くせ毛の方が髪を洗わずに寝ると、
翌日髪が扱いやすくありませんか?

 

 

それは頭皮の油で髪が扱いやすくなっているのです。

 

 

だからといって洗わなければいいというものではありません。

 

 

使い続けると毛穴に油が溜まり、
くせ毛がヒドクなる場合もあります・・・。
 

 

 

くせ毛をこれ以上悪化させない為にも、
無添加のスタイリング剤を使用しましょう!

スポンサーリンク